LSBM

News & Topics

VEGF-NFATc1 シグナルの内皮包括的解析 (2014.09.12) 膜タンパク質に対する抗体作製法についての総説 (2014.08.15) 自由エネルギー地形の正確な計算法 (2014.07.14) アイソトープで標識したROBO1抗体による肝臓がん細胞のモデルマウスでの治療に成功 (2014.07.04) 分子動力学シミュレーションに基づく結合自由エネルギー評価 (2014.07.03) PPARβ/δはCD300aの活性化を介して腸管免疫を制御する (2014.06.26) [中止のお知らせ] 米国スタンフォード大学 Vijay Pande教授講演会 (2014.06.20) エクソームシーケンシングによりびまん性胃癌(Diffuse-type Gastric Carcinoma)の高頻度なRHOA活性化遺伝子変異を同定 (2014.05.21) スタチンはクロマチン構造変化を介して内皮細胞のKLF4遺伝子を誘導する (2014.05.07) Human P-cadherinにおけるX-dimerの同定と物性評価:同種親和的細胞接着に関するX-dimerの貢献の可能性 (2014.04.30) ANGPTL4はHIF1αおよびPPARβ/δの結合領域が立体構造上近接関係をきたすことによって相乗的に誘導される (2014.04.23) システム生物医学分野 大澤毅特任助教 Vascular Biology Meeting にてYIAを受賞 (2014.04.22) 6月27日 米国スタンフォード大学 Vijay Pande教授講演会 (2014.04.21) ウィルス感染と炎症シグナルにかかわるlnRNAの解明 (2014.04.05) 東大病院の湯橋博士らは、児玉教授とともにC型肝炎ウィルスに作用するmRNAを同定しました (2014.04.04) 動脈硬化の新しい治療法について (2014.04.03) 脳腫瘍である神経膠腫の悪性化・再発時に起きるゲノム変化を解明 (2013.12.13) 月刊誌「FACTA」における児玉龍彦教授の記事に関する児玉龍彦教授の反証と一連の対応措置について掲載しました (2013.11.22) Uhrf1はヒストンH3の23番目のリジン残基のユビキチン化を介しDNA複製と共役した維持DNAメチル化を制御する (2013.11.18) WTAP複合体の同定 (2013.10.15) 肺がん転移を駆逐するメカニズムを発見 (2013.09.12) がん微小環境におけるBMP4/TSP1回路は腫瘍血管新生の阻害と固形腫瘍の増殖抑制に関与する (2013.09.10) システム生物医学分野 神吉康晴特任助教 Vascular Biology Symposium にてYIAを受賞 (2013.08.26) ヒストン脱メチル化酵素JMJD1Aの阻害が低酸素・低栄養に耐性ながん細胞を標的として血管新生阻害療法をより効果的にする (2013.08.21) スーパーコンピュータ「京」に最適化したGROMACS正式版を公開 (2013.06.03) 東京大学先端科学技術研究センター システム生物医学ラボラトリーにおける大学院博士課程学生の募集 (2013.04.22) 第6回GCOE疾患医科学ミニシンポジウム「疾患の分子標的治療 ~基礎研究、創薬探索、トランスレーショナル・リサーチから治療現場まで~」 (2013.02.14) 第10回システム生物医学研究会開催のお知らせ (2013.01.17) Myotubularin-related protein 6 (MTMR6)のRab1Bによる制御機構の解明 (2013.01.15) 血中ペントラキシン3(PTX3)の宿主保護的な役割とNeutrophil extracellular traps(NETs)との複合体形成 (2013.01.15)

DATABASE