演題:プロテオミクス最前線

演者:石濱 泰 先生
  (京都大学薬学研究科 教授)

2018年12月21日(金)午後4時~
4号館2階講堂
(工学系研究科先端学際工学特別講義併催)

演題:Roles of plasticity-related gene Arc/arg3.1 on neuronal functions: its transcriptional regulation and synaptic efficacy modulation

日時:2018/11/30(Fri) 17:00~
場所:Building 4, 3rd-floor Seminar Room/4号館3階セミナー室
Title:Roles of plasticity-related gene Arc/arg3.1 on neuronal functions: its transcriptional regulation and synaptic efficacy modulation

Speaker:奥野 浩行先生
    (鹿児島大学医歯学総合研究科 生化学・分子生物学分野 教授)
    Professor Hiroyuki Okuno
     Department of Biochemistry and Molecular Biology,
     Kagoshima University Graduate School of Medicine

Language:English
ホスト:Tatsuhiko Kodama

演題:Biological function of RNA-binding protein and its application to live-cell imaging

日時:2018/11/09(Fri)17:00~
場所:Building 4, 3rd floor Seminar Room/4号館3階セミナー室
Title:Biological function of RNA-binding protein and its application to live-cell imaging/RNA結合タンパク質の機能解析とイメージングへの応用

Speaker:Dr. Toshimichi Yamada (Radioisotope Center, The University of Tokyo)/山田俊理 博士(東京大学アイソトープ総合センター)

ホスト:Nozomu Yachie
Language:English

演題:Beyond the conventional information in image

日時:2018/11/07(Tue)16:00~17:00
場所:Building 4, 3rd floor Seminar Room
Title:"Beyond the conventional information in images”
Speaker:Minh Doan, MD, PhD.
ホスト:太田先生

Modern bioimaging is rapidly changing, including the expansion of dimensionality at both image acquisition and data analytics stages, and
the arrival of deep learning that reshapes the feature space. Dr. Anne Carpenter's Imaging Platform at the Broad Institute of MIT and Harvard
is leading an international effort to analyze high-throughput cytometric data in clinical studies. The team now focuses on developing machine
learning methodology, especially deep learning, to automate the analytic processing of single cells. We will present recent efforts to leverage
these techniques in a variety of applications.

演題:微小管結合タンパク質MTCL1の機能解析から見えてきた軸索起始部の形成と維持のメカニズム

演者:佐竹 智子先生
  (横浜市立大学大学院生命医科学研究科 分子細胞医科学/鈴木グループ 特任助教)

2018年10月12日(金) 午後5時~
4号館3階セミナー室

ホスト:児玉先生

演題:Massively multiplex single-cell genomics

演者:Dr. Vijay Ramani
   (Genome Science Department, University of Washington)

2018年10月1日(月) 午後4時~
4号館2階 講堂 <※会場が変更となりました>

※会場を当初予定の3階セミナー室から変更となりました。
 開催曜日・時間にご注意ください

ホスト:谷内江先生

演題:Past, present and future of organoid in cancer research

演者:筆宝 義隆先生
  (千葉県がんセンター研究所 発がん制御研究部 部長)

2018年9月14日(金) 午後5時~
4号館3階セミナールーム

使用言語:英語
ホスト:児玉先生

演題:Tracing chromosomes at the nanoscale with DNA-PAINT

演者:佐々木浩先生
   (Wyss Institute, Harvard University)

2018年9月13日(木) 15:00~16:00
4号館3階セミナー室
※ 開催曜日・時間にご注意ください

使用言語:英語
ホスト:太田先生

演題:LSBMミニシンポジウム「揺らぎの中のタンパク質:物理的アプローチの新展開」

第一線で活躍されている2名の研究者を招いて、水の揺らぎの中にあるタンパク質の安定性やダイナミクスについて議論します。

日時:2018年8月28日(火) 午後2時30分~
場所:東京大学先端科学技術研究センター 4号館3階セミナー室

演者:光武 亜代理先生(明治大学理工学部・准教授)
演題:「動的解析手法である緩和モード解析のタンパク質分子シミュレーションへの応用」

演者:丸山 豊先生(理化学研究所計算科学研究センター・研究員)
演題:「分子性液体の積分方程式理論と蛋白質の安定性解析への適用」

ホスト:山下先生

演題:Non-destructive prediction of transcriptomic profiles by Raman microscopy

演者:小林 鉱石 先生
  (東京大学総合文化研究科博士課程(若本研究室))

2018年07月11日(水) 午後4時~
4号館3階セミナールーム

演題:タンパクの立体構造を標的としたCAR T細胞療法の開発

演者:保仙 直毅 先生
  (大阪大学大学院医学系研究科・癌幹細胞制御学寄附講座・准教授)

2018年07月06日(金)午後5時~
4号館3階セミナールーム

演題:コンデンシンによる染色体構築:その分子基盤と進化的背景

演者:平野 達也 先生
  (理化学研究所・平野染色体ダイナミクス研究室・主任研究員)

2018年06月29日(金)午後5時~
4号館3階セミナールーム

演題:核膜孔複合体

演者:Richard Wong 教授 (金沢大学 新学術創成研究機構 ナノ生命科学研究所 教授)

2018年04月20日(金)午後5時~
4号館3階セミナールーム

演題:生体恒常性と組織マクロファージ

演者:岡部 泰賢 先生(京都大学ウイルス・再生医科学研究所 特定准教授)

2018年02月23日(金)午後5時~
4号館3階セミナールーム

演題:Paralog interference in protein interaction networks

演者:Dr. Christian Landry (Laval University)

2018年02月19日(月)午後5時~
4号館3階セミナールーム
ホスト:谷内江 望

演題:多様な細胞分裂マシナリーと中心体複製

演者:北川 大樹 先生(国立遺伝学研究所 分子遺伝研究系 中心体生物学研究部門 教授 / 総研大生命科学科遺伝学専攻 教授(兼任))

2018年02月09日(金)午後5時~
4号館3階セミナールーム