演題:DOHaD学説におけるエピゲノム記憶とDNAメチル化の機能的意義

日時:2019年6月21日(金)17:00~
場所:4号館3階セミナー室
演者: 橋本 貢士先生
  (獨協医科大学埼玉医療センター 糖尿病内分泌・血液内科 教授)
ホスト:田中十志也先生

演題:光量子技術の生体応用に向けて

日時:2019年6月7日(金)17:00~
場所:4号館3階セミナー室
演者:瀬藤 光利先生(浜松医科大学・細胞分子解剖学講座 教授)
ホスト:山下先生

演題:スーパーエンハンサーによる遺伝子制御とゲノム相分離

日時:2019年5月15日(水)17:00~
場所:4号館3階セミナー室
演者: 鈴木洋先生(マサチューセッツ工科大学 コークがん総合研究所 Sharp研究室)
ホスト:油谷先生

演題:計算創薬の近未来:専用演算機と大規模計算

日時:2019年3月22日(金)16:00~ (開始時間にご注意ください)
場所:4号館3階セミナー室
演題: 計算創薬の近未来:専用演算機と大規模計算
演者: 谷田義明先生(富士通株式会社)
ホスト:山下雄史先生

演題:DNA二本鎖切断修復の多様性

日時:2019/03/15(金曜)17時~
場所:4号館3階セミナー室
演題:DNA二本鎖切断修復の多様性
演者:宮川清先生
   東京大学大学院医学系研究科 医学部疾患生命工学センター・教授
ホスト:油谷先生

演題:プロテオームの拘束条件を過剰発現実験により探る、という思考ゲーム

日時:2019年3月13日(水)17時〜
場所:先端研4号館3階セミナー室
演題:プロテオームの拘束条件を過剰発現実験により探る、という思考ゲーム
演者:守屋央朗先生(岡山大学異分野融合先端研究コア准教授)
ホスト:谷内江先生

演題:Brain-wide mapping of neural circuits with rabies viral vectors

Date and time: 2019/2/18 (Mon) 5pm
Venue: Bldg 4 3rd fl seminar room
Speaker: Dr. Fumitaka Osakada (Associate Professor, Laboratory of Cellular Pharmacology, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Nagoya University)
Talk title: Brain-wide mapping of neural circuits with rabies viral vectors
Host: Nozomu Yachie

演題:Synthetic biology for genetic code and protein engineering research

Date: 2/15/2018, 5pm-
Place: Building 4, 3rd floor Seminar Room
Speaker: 木賀大介先生 (早稲田大学 理工学術院 電気・情報生命工学科 教授)

Language: in English
Host: Soh Ishiguro

演題:複雑形質ゲノムの解析

日時:2019/2/12(火)17時~
場所:4号館3階セミナー室
演者:鎌谷 洋一郎先生
   (京都大学大学院医学研究科/京都大学・マギル大学ゲノム医学国際連携専攻 准教授
   理化学研究所生命医科学研究センター 統計解析研究チーム チームリーダー (兼任))
Host:油谷先生

演題:Energetics of the Lipid-A ABC transporter MsbA and its homologue LmrA

Date:February 1st Friday 5pm
Venue:Building 4, 3rd floor Seminar Room
Spearker:Dr Hendrik W. van Veen
     Department of Pharmacology, University of Cambridge
Host:Takefumi Yamashita

演題:消化器がんのゲノム進化に基づいたがん診療へのアプローチ

日時:2019/1/25(金) 17時~
場所:4号館3階セミナー室
演題:消化器がんのゲノム進化に基づいたがん診療へのアプローチ
演者:三森 功士先生 (九州大学病院 別府病院 外科教授)
Host:油谷先生

演題:プロテオミクス最前線

演者:石濱 泰 先生
  (京都大学薬学研究科 教授)

2018年12月21日(金)午後4時~
4号館2階講堂
(工学系研究科先端学際工学特別講義併催)

演題:Roles of plasticity-related gene Arc/arg3.1 on neuronal functions: its transcriptional regulation and synaptic efficacy modulation

日時:2018/11/30(Fri) 17:00~
場所:Building 4, 3rd-floor Seminar Room/4号館3階セミナー室
Title:Roles of plasticity-related gene Arc/arg3.1 on neuronal functions: its transcriptional regulation and synaptic efficacy modulation

Speaker:奥野 浩行先生
    (鹿児島大学医歯学総合研究科 生化学・分子生物学分野 教授)
    Professor Hiroyuki Okuno
     Department of Biochemistry and Molecular Biology,
     Kagoshima University Graduate School of Medicine

Language:English
ホスト:Tatsuhiko Kodama

演題:Biological function of RNA-binding protein and its application to live-cell imaging

日時:2018/11/09(Fri)17:00~
場所:Building 4, 3rd floor Seminar Room/4号館3階セミナー室
Title:Biological function of RNA-binding protein and its application to live-cell imaging/RNA結合タンパク質の機能解析とイメージングへの応用

Speaker:Dr. Toshimichi Yamada (Radioisotope Center, The University of Tokyo)/山田俊理 博士(東京大学アイソトープ総合センター)

ホスト:Nozomu Yachie
Language:English

演題:Beyond the conventional information in image

日時:2018/11/07(Tue)16:00~17:00
場所:Building 4, 3rd floor Seminar Room
Title:"Beyond the conventional information in images”
Speaker:Minh Doan, MD, PhD.
ホスト:太田先生

Modern bioimaging is rapidly changing, including the expansion of dimensionality at both image acquisition and data analytics stages, and
the arrival of deep learning that reshapes the feature space. Dr. Anne Carpenter's Imaging Platform at the Broad Institute of MIT and Harvard
is leading an international effort to analyze high-throughput cytometric data in clinical studies. The team now focuses on developing machine
learning methodology, especially deep learning, to automate the analytic processing of single cells. We will present recent efforts to leverage
these techniques in a variety of applications.

演題:微小管結合タンパク質MTCL1の機能解析から見えてきた軸索起始部の形成と維持のメカニズム

演者:佐竹 智子先生
  (横浜市立大学大学院生命医科学研究科 分子細胞医科学/鈴木グループ 特任助教)

2018年10月12日(金) 午後5時~
4号館3階セミナー室

ホスト:児玉先生