加齢に伴う筋細胞のエピゲノム研究

加齢に伴う筋細胞のエピゲノム研究

骨格筋は我々の体を動かす役割を持ち、多くのエネルギーを消費します。骨格筋は加齢に伴い、筋力と筋量の低下、筋繊維の遅筋化、骨格筋の繊維化といった変化が起こる。これら変化は筋繊維のDNA配列の変化が引き起こすわけではなく、DNAを取り巻く修飾の変化によるものである。加齢に伴う筋細胞のエピゲノム機構を解明し、エピゲノム編集による骨格筋の老化制御を目指す。