Cupid-Psyche システムの開発における分子動力学シミュレーションを用いた設計、評価

Cupid-Psyche システムの開発における分子動力学シミュレーションを用いた設計、評価

このプロジェクトでは、ヒト型化して抗原性を下げたストレプトビジン改変体(コードネーム:Cupid)と人工ビオチン(コードネーム:Psyche(プシケ))を用いて、がんの治療法の一つであるプレターゲッティング法の開発を行なっている。我々のグループでは人工ビオチンとストレプトビジン改変体のダイナミクスを計算、解析し、実験でとらえることのできない部分の情報を提供することにより設計に反映されることを目的に分子動力学シミュレーションや自由エネルギー計算を行っている。