RNAスプライシング機構と細胞周期

RNAスプライシング機構と細胞周期

ショウジョウバエでは、性決定に関与しているタンパク質(WTAP)が哺乳類ではRNAの安定性やスプライシングに関与し、細胞周期を調節していることを見出しました。WTAPは多数のタンパク質と複合体を形成し、またnon-codingRNAと結合し、様々な機能を調節していることがわかってきました。WTAPと相互作用するタンパク質やRNAを解析し、細胞周期の調節を通して、がんの治療薬の開発を目指します。