細胞集団動態計測プロジェクト

細胞集団動態計測プロジェクト

発生や悪性腫瘍の進展では様々な種類の細胞が相互にコミュニケーションを取りつつ分化し、その細胞集団動態を複雑に変化させる。シングルセル解析、DNAバーコードによる細胞標識、超並列DNAシーケンシング技術とゲノム編集技術によって、 細胞系譜、任意のクローンの単離や細胞集団機能の再構成を可能にする新しい理論と基盤群を開発している。これまで細胞集団の平均的な動態を観察してきた生物学からの脱却を目指す。