次世代ゲノム編集プロジェクト

次世代ゲノム編集プロジェクト

CRISPR/Cas9法に代表される様に近年急速に発展しつつあるゲノム編集技術によってこれまで容易でなかった哺乳動物をはじめとした様々な生物の遺伝子改変が実現しつつある。特に哺乳動物培養細胞においてはゲノムワイドな遺伝子破壊スクリーニングなどが可能になった。さらに様々な機能分子をプログラマブルに任意のDNA配列に誘導できるという特性が、エピゲノム操作や遺伝子発現操作などDNA編集の枠を越えた細胞機能の操作を可能にしつつある。遺伝子回路設計によるより高機能なゲノム編集技術の開発やゲノム配列解析技術の開発によって新規ゲノム編集遺伝子の探索を行っている。