システム生物医学

これまでの栄養学に基づき、がんや生活習慣病では、糖質、タンパク質、脂質はそれぞれ独立したパラダイムで研究されてきました。しかし、最近のがんや生活習慣病の研究から疾患栄養学の概念は大きく変わろうとしています。これまで別々に扱われてきた糖質、タンパク質、脂質は、アセチルCoAやケトン体などの中間代謝物を介して相互補填し代謝に影響を及ぼすことがわかってきました。我々は、ゲノム、エピゲノム、トランスクリプトーム、プロテオーム、メタボロームの統合解析から、成長、発達、成熟、老化に伴ってエピゲノムと代謝が変化し、がんや生活習慣病の進展に寄与していることを明らかにしており、これらの研究から新たな治療法の確立を目指しています。私たちの研究目的: (1) 新しいオンコメタボライト(がん代謝産物)を同定しがん治療に生かす。 (2) 飢餓やネガティブ・エナジー・バランスの制御系を明らかにし生活習慣病に生かす。 (3) 新しい栄養学の視点から病気の予防と治療に生かす。  このように、エピゲノムと新しい栄養学の視点から、転移や再発した進行癌、動脈硬化、骨粗しょう症や筋力低下、老化に伴う基礎代謝率の低下などに対する新たな治療法を見出すことを目指しています。

教授

特任教授

特任准教授

特任助教