合成生物学

現代生命科学のあらゆる大きな課題が「多細胞生物システムにおける不均質な細胞・分子動態を高解像度で理解すること」を内包する。単一の受精卵はどのような系譜を辿り、ひとつの個体へと発生するのだろうか?任意の器官を形成する細胞は受精卵から何度の細胞分裂を経験するのだろうか?悪性腫瘍はゲノム変異とどのような環境ニッチが相互作用して進展するのだろうか?細胞内の分子ネットワークはどのように形質を作り上げるのだろうか?東京大学先端科学技術研究センター合成生物学分野では分子バーコード技術、ゲノム編集技術、大規模データマイニング等を組み合わせて、このような課題の観察できる遺伝子回路技術を開発している。
谷内江研究室 ホームページ

准教授

特任助教

学術支援専門職員

学術支援職員

研究員

大学院生(博士課程)

大学院生(修士課程)

大学生(学部生)

客員研究員