代謝医学

DNAメチル化やヒストン修飾などのエピゲノムは環境要因により後天的に書き換えられる遺伝情報である。エピゲノムは外的環境に適応するための細胞記憶であり、疾患の発症に深くかかわる。脂肪細胞においてプロテオーム、トランスクリプトーム、エピゲノム、メタボロームの統合解析を行い、栄養環境がエピゲノムとして記憶される「新しい栄養学」の概念のもと、脂肪細胞の環境適応システムを解明し、生活習慣病に対する新たなパラダイムを築き上げる。
酒井研究室 ホームページ

教授

准教授

助教

大学院生

博士研究員

技術員

秘書