臨床エピジェネティクス

わが国の高血圧、糖尿病人口はそれぞれ4000万人、890万人に達する。降圧薬、抗糖尿病薬が多く開発されてきたが高血圧・糖尿病による心血管病と慢性腎臓病は増加しつづけている。加齢も要因となっている。わたしたちは高血圧と糖尿病性腎症の進行に関わるエピジェネティックスの不具合を予防・修復できれば臓器障害を減らせるのではないかと考えている。エピジェネティックスはDNAメチル化やヒストン修飾によって遺伝子発現を調節するしくみで、細胞の記憶に関わる。エピジェネティックスの異常を標的として新たな診断・治療法の開発に取り組んでいる。
藤田研究室 ホームページ

名誉教授

准教授

特任研究員