MISSION-05. 5.Products I

ミッション5
LSBMでは多数の独創的製品を完成、または開発中です

 

Products from System Bio-Medicine

 

G蛋白共役型受容体と複合体を発現したウィルス

G蛋白共役型受容体は細胞表面で化学物質を認識するもっとも重要な蛋白ファミリーです。 多くの医薬品のターゲットです。LSBMでは、昆虫のバキュロウィルス(BV)の膜の上に G蛋白共役型受容体を多量に発現するのに成功しました。 バキュロウィルスに受容体とともにα、β、γの3種類のG蛋白も発現し、 リガンドが1/100の濃度で認識できる複合体をウィルスの上につくり出しました。

 

炎症を抑えるG蛋白共役型受容体を阻害するモノクロナール抗体

G蛋白共役型受容体のCCR2は白血球を集積させ、炎症を悪化させます。 LSBMではバキュロウィルスに発現したCCR2にモノクロナール抗体を作成し、 受容体機能を抑制することに成功しました。 800個をこえるG蛋白共役型受容体に対して応用可能な技術です。

 

化学物質が受容体につくと光るウィルス

2つの蛋白が近くにあるとエネルギーの転移で発する蛍光の色が変わるFRET技術を用いて、 G蛋白共役型受容体が活性化すると蛍光のかわるウィルスを開発中です。 このウィルスができれば多数のG蛋白共役型受容体に対する医薬品のスクリーニングを迅速に行えます。

 

匂いセンサーを作る

人間は1万種類以上の匂いを嗅ぎ分けられます。 匂いのもとになる化学物質は、約500個のGPCR(細胞膜の受容体)に結合します。 人間の神経系は、この500個に複雑に結合した化学物質のパターンから匂いを認識します。 LSBMでは、臭いの受容体を昆虫のウィルスに発現させることに成功しています。 500種類のウィルスを用いた臭いセンサーの開発を進めています。