ゲノム医療研究プロジェクトを始動

ゲノム医療研究プロジェクトを始動

ゲノムサイエンス研究室では、日本医療研究開発機構(AMED)の「臨床ゲノム情報統合データベース整備事業」の一環として、がんのゲノム医療研究事業を推進します。

【事業の概要】

  • 東京大学分子ライフイノベーション棟内に、品質保証下のシークエンス室を開設し、がんのゲノム解析に基づいた診断の確定、および最適な診療の選択に関する研究
  • がんのターゲット遺伝子パネル解析システムを独自に開発するとともに、その結果得られる遺伝子変異の臨床的意義づけを行うがんゲノム医療用知識データベースの構築
  • がんのゲノム医療に関する研究を東京大学医学部附属病院にて実践するとともに、ゲノム医療が日本全体に普及する際に必要な基盤技術の整備

AMED プレスリリース